大里郡寄居町の内科・糖尿病内科・内分泌内科|糖尿病

高間クリニック
〒369-1203
埼玉県大里郡
寄居町寄居671-3
TEL:048-581-0751

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
HOME»  診療案内

診療案内

内科一般診療

どんな症状でも、まずご相談ください。風邪・頭痛・腹痛などの内科一般診療を行います。循環器(心臓)、呼吸器(肺)、消化器(胃腸・肝臓・膵臓)、神経疾患なども診療可能です。クリニックで対応困難な病気につきましては、早期に大学病院等との医療連携も図ります。また大学病院などで状態安定後の患者様につきましては、病気に関係なく経過観察させていただきます。

 

糖尿病

1型糖尿病、2型糖尿病など、初期診断・治療から対応します。健康診断で血糖がやや高めと言われた方など、ぜひご相談ください。食事療法や運動療法のアドバイス、内服治療、血糖自己測定を生かしたインスリン治療まで糖尿病治療を全面的にサポートします。合併症の検索も眼科との連携を行い、定期的にチェック致します。

 

高脂血症(血中コレステロール、中性脂肪の高い方)

糖尿病に合併しやすく動脈硬化による病気(脳梗塞、心筋梗塞など)の危険性が高くなります。食事療法・運動療法・薬物治療などを行います。またコレステロールが高い方は甲状腺機能異常の疑いもあり、高脂血症の裏に隠れる病気の発見に努めます。

 

高血圧症

単に投薬を行うだけでなく、高血圧を起こすホルモン系の病気のチェックなども行い、適切な治療を行います。

 

甲状腺

バセドウ病を代表とする甲状腺機能亢進症、橋本病を代表とする甲状腺機能低下症など、初期診断・治療から対応します。
特に女性では症状がなくてもこれらの病気を持っている人が多いため、ぜひご相談ください。

甲状腺機能亢進症のサイン:動悸・手の振るえ・暑がり・発汗・やせなど
甲状腺機能低下症のサイン:コレステロール高値・むくみ・寒がり・無気力など

 

下垂体疾患

プロラクチノーマ(高プロラクチン血症)・末端肥大症(サンドスタチンの投与など)・クッシング病術後・下垂体機能低下症(術後性、ACTH単独欠損症、自己免疫性下垂体炎など)などの経過観察を行わせていただきます。

 

副甲状腺疾患

副甲状腺機能亢進症(高カルシウム血症)、副甲状腺機能低下症(低カルシウム血症)でビタミンDを内服している方などの経過観察を行わせていただきます。

 

副腎疾患

クッシング症候群・アジソン病などの経過観察を行わせていただきます。

 

肥満症

肥満は単にダイエットのみでなく2つの点に注意が必要です。

(1)肥満を起すような病気が裏にないか
(2)肥満から引き起こされる合併症はないか


以上の2点を考慮し、食事療法や運動療法のアドバイスをさせていただきます。

 

その他

高間医院時代同様に、腰痛や関節痛、小さな怪我や往診なども対応します。ホームドクターとしてなんでもご相談ください。